歯の治療法の一つとして、その人気、利用者数が増加しているものにインプラントという治療法があります。
では、なぜこれほどまでに注目が高まったのか、私なりにまとめてみました。
人気や利用頻度が高いということは、それだけ魅力ある、メリットのある治療法だということ、そして、その認知度が高まったということなのでしょう。
具体的な特徴を幾つか挙げてみますと、まず治療終了後の快適さが一番の特徴だと思います。
私の祖母は、入れ歯を利用しているのですが、どんなに口内の形に合わせて微調整を繰り返したとしても、しばらくすると微妙に合わなくなってくるという事で、食べづらさ、しゃべりづらさがあるんだそうです。
しかも食事中のような歯を最も使うシチュエーション時には、合わない事で痛みや化膿してしまう事もあるといっていました。
また毎日のお手入れも面倒に感じているようですが、これしか方法がないからという理由で、今でも利用し続けています。
これに比べてインプラントという治療法は、こうした問題を全てクリアできるというメリットがあります。
そして何よりも、見た目の美しさは、自身の歯と同様なほどの精巧な作りとなっていますので、「実はインプラントなんだ」と本人から告げられない限りは、まず気がつく人はいないはずです。
次に矯正治療と比較してメリットを挙げてみます。
その違いといえば、圧倒的に治療期間にあると思われます。
矯正治療は、年単位で考えるほどの長期に亘る治療法ですが、インプラントは、決して長くかかる治療法でもなく、患者に与える負担も非常に少ないものとなっています。
そう考えますと、歯が健康であったり、まだ若いというケース以外であれば、歯並びに関する悩みや見た目を改善する方法の一つとして、インプラントという治療法の選択肢も視野に入れるべきだと思います。
また、この治療方法にも、細かく分けると、実は幾つかの方法があるそうで、一つが駄目でももう一つならOKということもあるそうです。
こうした点も良い点だと思うのですが、まずはこうした事実をよりたくさんの方に知ってもらうことが、必要になってくるのではないでしょうか。